記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。

2019-02-07から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#38「満願」

【冒頭】 これは、いまから、四年まえの話である。 【結句】 年つき経つほど、私には、あの女性の姿が美しく思われる。あれは、お医者さんの奥さんのさしがねかも知れない。 「満願」について ・新潮文庫『走れメロス』所収。 ・昭和13年7月下旬頃脱稿。 …