記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。

2019-02-13から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#44「女生徒」

【冒頭】 あさ、眼をさますときの気持ちは、面白い。かくれんぼのとき、押入れの真暗い中に、じっと、しゃがんで隠れていて、突然、でこちゃんに、がらっと襖(ふすま)をあけられ、日の光がどっと来て、でこちゃんに、「見つけた!」と大声で言われて、まぶ…