記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。

2019-02-14から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#45「懶惰の歌留多」

【冒頭】 私の数ある悪徳の中で、最も顕著の悪徳は、怠惰である。これは、もう、疑いをいれない。よほどのものである。 【結句】 夜の次には、朝が来る。 「懶惰の歌留多」について ・新潮文庫『新樹の言葉』所収。 ・昭和12年10月から12月の間頃に初…