記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。

2019-02-20から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#51「火の鳥」②(『愛と美について』)

【冒頭】 高野さちよは、奥羽の山の中に生れた。祖先の、よい血が流れていた。 【結句】 このひとは、なんにも知らないのだ。私たちが、どんなにみじめな、くるしい生活をしているのか、このお坊ちゃんには、なんにもわかっていないのだ。そう思ったら、微笑…