記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。

2019-03-11から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#70「鷗(かもめ)」

【冒頭】 鷗(かもめ)というのは、あいつは、唖(おし)の鳥なんだってね、と言うと、たいていの人は、おや、そうですか、そうかも知れませんね、と平気で首肯するので、かえってこっちが狼狽(ろうばい)して、いやまあ、なんだか、そんな気がするじゃない…