記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。

2019-03-21から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#80「女の決闘」第三

【冒頭】 女学生は一こと言ってみたかった。「私はあの人を愛していない。あなたはほんとに愛しているの。」それだけ言ってみたかった。 【結句】 人は俗世の借金で自殺することもあれば、また概念の無形の恐怖から自殺することだってあるのです。決闘の次第…