記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。

2019-03-22から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#81「女の決闘」第四

【冒頭】 決闘の勝敗の次第をお知らせする前に、この女ふたりが拳銃を構えて対峙した可憐陰惨、また奇妙でもある光景を、白樺の幹の蔭にうずくまって見ている、れいの下等の芸術家の心懐に就いて考えてみたいと思います。 【結句】 女房は真っ直ぐに村役場に…