記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。

2019-04-11から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#101「ろまん燈籠」その一

【冒頭】 八年まえに亡くなった、あの有名な洋画の大家、入江新之助氏の遺家族は皆すこし変っているようである。いや、変調子というのではなく、案外そのような暮しかたのほうが正しいので、かえって私ども一般の家庭のほうこそ変調子になているのかも知れな…