記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。

2019-01-20から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#20「玩具」(『晩年』)

【冒頭】どうにかなる。どうにかなろうと一日一日を迎えてそのまま送っていって暮しているのであるが、それでも、なんとしても、どうにもならなくなってしまう場合がある。 【結句】いまもなお私の耳朶(みみたぶ)をくすぐる祖母の子守歌。「狐の嫁入り、婿(…