記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。太宰治が、ソウルフレンド。

2019-06-15から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#166「津軽」一 巡礼

【冒頭】 「ね、なぜ旅に出るの?」 「苦しいからさ」 【結句】 「私は、あした蟹田へ行きます。あしたの朝、一番のバスで行きます。Nさんの家で逢いましょう」 「病院の方は?」 「あしたは日曜日です」 「なあんだ、そうか。早く言えばいいのに」 私たち…