記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。太宰治が、ソウルフレンド。

2019-07-03から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#184「惜別」一

【冒頭】これは日本の東北地方の某村に開業している一老医師の手記である。 【結句】どうせ、私には名文も美文も書けやしないのだから、くどくど未練がましい申しわけを言うのはもうやめて、ただ「辞ハ達スル而已矣(ノミ)」という事だけを心掛けて、左顧(…