記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。太宰治が、ソウルフレンド。

2019-07-05から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#186「惜別」三

【冒頭】その日、私は周さんと一緒に松島の海浜の旅館に泊った。いま考えると、当時の私の無警戒は、不思議なような気もするが、しかし、正しい人というものは、何か安心感を与えてくれるもののようである。 【結句】もう今では自分の進路は、一言で言える。…