記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。

2019-08-13から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#225「たずねびと」

【冒頭】 この「東北文学」という雑誌の貴重な紙面の端をわずか拝借して申し上げます。どうして特にこの「東北文学」という雑誌の紙面をお借りするかというと、それには次のような理由があるからです。 【結句】 そのひとに、その女のひとに、私は逢いたいの…