記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。

2019-08-22から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#234「ヴィヨンの妻」三

【冒頭】ほんの三十分、いいえ、もっと早いくらい、おや、と思ったくらいに早く、ご亭主がひとりで帰って来まして、私の傍(そば)に寄り、「奥さん、ありがとうございました。お金はかえして戴(いただ)きました」「そう。よかったわね。全部?」ご亭主は、へ…