記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。太宰治が、ソウルフレンド。

2019-09-23から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#266「グッド・バイ」行進(一)

【冒頭】 田島は、やってみる気になった。しかし、ここにも難関がある。 【結句】 声の悪いのは、傷だが、それは沈黙を固く守らせておればいい。使える。 「グッド・バイ 行進(こうしん)(一)」について ・新潮文庫『グッド・バイ』所収。・昭和23年5月…