記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。太宰治が、ソウルフレンド。

2019-09-24から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#267「グッド・バイ」行進(二)

【冒頭】 馬子(まご)にも衣裳(いしょう)というが、ことに女は、その装(よそお)い一つで、何が何やらわけのわからぬくらいに変(かわ)る。元来(がんらい)、化け物なのかも知れない。 【結句】 「引受けてくれるね?」「バカだわ、あなたは。まるでなってやしな…