記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。太宰治が、ソウルフレンド。

2020-05-02から1日間の記事一覧

【日めくり太宰治】5月2日

5月2日の太宰治。 1923年(大正12年)5月2日。 太宰治 13歳。 「花子の一生」(または「花子サン」)というユーモア小説を書いたところ、高等師範出身の大谷哲教諭が感心し、朗読して生徒たちに聴かせた。 青森中学時代の太宰 今日は、青森中学…