記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を自由に旅する。太宰治がソウルフレンド。

井伏鱒二

【日めくり太宰治】4月30日

4月30日の太宰治。 1940年(昭和15年)4月30日。 太宰治 30歳。 井伏鱒二、伊馬春部、および、井伏鱒二宅に出入りしていた文学青年で早稲田大学文学部学生であった石川隆士(国文学科)、則藤大蔵(仏蘭西文学科)、佐藤安人(あんじん)(英文…

【日めくり太宰治】1月1日

1月1日の太宰治。 1942年(昭和17年)1月1日。 太宰治 32歳。 文士徴用(ぶんしちょうよう)で南方に行っている井伏鱒二宅に、留守見舞いを兼ねて、亀井勝一郎(かめいかついちろう)、伊馬鵜平(いまうへい)と年始の挨拶に行った。当日、井伏家の庭…

【考察】太宰治は、本当に首を絞められたのか?

2019年、生誕110年を迎える人気作家・太宰治。愛人・山崎富栄さんと玉川上水で心中した太宰ですが、その死の真相は明らかになっていません。 富栄さんに首を絞められて殺されたとも言われる太宰。 ”太宰治は、本当に首を絞められたのか?”考察します。