記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。太宰治が、ソウルフレンド。

【日めくり太宰治】9月5日

f:id:shige97:20191205224501j:image

9月5日の太宰治

  1942年(昭和17年)9月5日。
 太宰治 33歳。

 九月五日付発行の「みつこし」九月号に「天狗(てんぐ)」を発表。

天狗(てんぐ)

 今日は、太宰のエッセイ天狗(てんぐ)を紹介します。
 天狗(てんぐ)は、1942年(昭和17年)9月5日発行の「みつこし」に発表されました。この号には、ほかに『雨のたより』(丸山薫)が掲載されていました。

天狗(てんぐ)

 暑い時に、ふいと思い出すのは猿蓑(さるみの)の中にある「夏の月」である。
   市中は物のにほひや夏の月   (ぼん) (ちょう)
 いい句である。感覚の表現が正確である。私は漁師まちを思い出す。人によっては、神田神保町あたりを思い浮べたり、あるいは八丁堀の夜店などを思い出したり、それは、さまざまであろうが、何を思い浮かべたってよい。自分の過去の或る夏の一夜が、ありありとよみがえって来るから不思議である。

 

f:id:shige97:20200902065106j:image
野沢凡兆(のざわぼんちょう)(?~1714) 江戸時代前期から中期の俳諧師加賀国金沢の人。京に出て医を業とした。松尾芭蕉に師事した。

 

 猿蓑(さるみの)は、凡兆(ぼんちょう)のひとり舞台だなんていう人さえあるくらいだが、まさか、それほどでもあるまいけれど、猿蓑(さるみの)に於いては凡兆(ぼんちょう)の佳句が二つ三つ在るという事だけは、たしかなようである。「市中は物のにほひや夏の月」これくらいの佳句を一生のうちに三つも作ったら、それだけで、その人は俳諧の名人として、歴史に残るかも知れない。佳句というものは少い。こころみに夏の月の巻をしらべてみても、へんな句が、ずいぶん多い。
   市中は物のにほひや夏の月
 芭蕉がそれにつづけて、
    あつしあつしと門々の声
 これが既に、へんである。所謂(いわゆる)、つき過ぎている。前句の説明に堕していて、くどい。蛇足的な説明である。たちえば、こんなものだ。
   古池や(かわず)とびこむ水の音
    音の聞えてなほ静かなり
 これ程ひどくないけれども、とにかく蛇足的注釈に過ぎないという点では同罪である。御師匠も、まずい附けかたをしたものだ。つき過ぎてもいかん、ただ面影にして附くべし、なんていつも弟子たちに教えている癖に御師匠自身も時には、こんな大失敗をやらかす。附きも附いたり、べた附きだ。凡兆(ぼんちょう)の名句に、師匠が歴然と敗北している。手も足も出ないという状況だ。あつしあつしと門々の声。前句で既に、わかり切っている事だ。芸の無い事、おびただしい。それにつづけて、
   二番草取りも果さず穂に(いで)
 去来だ。苦笑を禁じ得ない。さぞや苦労をして作り出した句であろう。去来は真面目な人である。しゃれた人ではない。けれども、野暮な人は、とかく、しゃれた事をしてみたがるものである。器用、奇知にあこがれるのである。野暮な人は、野暮のままの句を作るべきだ。その時には、器用、奇知などの輩のとても及ばぬ立派な句が出来るものだ。

 

f:id:shige97:20200902065323j:image
向井去来(むかいきょらい)(1951~1704) 江戸時代前期の俳諧師。焦門十哲の一人。肥前国の人。武芸に優れていたが、若くして武士の身分を捨て、京都嵯峨野の落柿舎(らくししゃ)に住んだ。野沢凡兆と共に、蕉風の代表句集猿蓑(さるみの)を編纂した。

 

   湖の水まさりけり五月雨(さつきあめ)
 去来の傑作である。このように真面目に、おっとりと作ると実にいいのだが、器用ぶったりなんかして妙な工夫なんかすると、目もあてられぬ。さんたんたるものである。去来は、その悲惨に気がつかず、かえってしたり顔などをしているのだから、いよいよ手がつけられなくなる。ただ、ただ、可愛いというより他は無い。芭蕉も、あきらめて、去来を一ばん愛した。二番草取りも果さず穂に(いで)て。面白くない句だ。なんという事もない。これでもずいぶん工夫した句にちがいない。二番草取りも果さず穂に(いで)て。どうも面白くない。二番草、ここが苦労したところだ。どうです。ちょっとした趣向でしょう? 取りも果さず、この言い廻しには苦労しました。微妙なところですからね。でも、まあ、これで、どうやら、ナンテ。ただ、ただ、苦笑の他は無い。何度も読んでいるうちに、なんだか、恥ずかしくなって来る。去来さん、どうかその「趣向」だけは、やめて下さい。
    灰打たたくうるめ一枚
 凡兆(ぼんちょう)が、それに続ける。わるくない。農夫の姿が眼前に浮ぶ。けれども、少し気取りすぎて、きざなところがある。ハイカラすぎる。芭蕉が続けて、
   此筋は銀も見知らず不自由さよ
 少し濁っている。ごまかしている。私はこの句を、農夫の愚痴の呟きと解している。普通は、この句を、「田舎の人たちは銀も見知らずさぞ不自由な暮しであろう」という工合いによその人が、田舎の人の暮しを傍観して述懐したもののように解しているようだが、それだったら、実に、つまらない句だ。「此筋」も、いやみったらしいし、「お金が無いから不自由だろう」という感想は、あまりにも当然すぎた話で、ほとんど無意味に近い。「此筋」という言葉使いには、多少、方言が加味されているような気がする。お百姓の言葉だ。うるめの灰を打たたきながら「此筋は銀も見知らず不自由さよ」と、ちょっと自嘲を含めた愚痴をもらしてみたところではなかろうか。「此筋」というのは、「此道筋と云わんが如し」と幸田博士も言って居られたようであるが、それならば、「此筋」は「おらのほう」というような地理的な言葉になるが、私には、それよりも「おらたち」あるいは、「この程」「当節」というような漠然たる軽い言葉のように思われてならない。いずれにもせよ、いい句ではない。主観客観の別が、あきらかでない。「雨がザアザアやかましく降っていたが私には気がつかなかった」というような馬鹿な文章に似ているところがある。はっきり客観の句だとすると、あまりにもあたりまえ過ぎて呆れるばかりだし、村人の呟きとすると、少し生彩も出て来るけれど、するとまた前句に附き過ぎる。このへん芭蕉も、凡兆(ぼんちょう)にやられて、ちょっと厭気がさして来たのか、どうも気乗りがしないようだ。芭蕉連句に於いて、わがままをする事がしばしばある。まるで、投げてしまう事がある。浮かぬ気持になるのであろう。それも知らずに、ただもう面白がって下手な趣向をこらしているのは去来である。去来、それにつづけて、
    ただどひやうしに長き脇指
 見事なものだ。滅茶苦茶だ。去来は、しすましたり、と内心ひとり、ほくほくだろうが、他の人は驚いたろう。まさに奇想天外、暗闇から牛である。仕末に困る。芭蕉凡兆(ぼんちょう)も、あとをつづけるのが、もう、いやになったろう。それとも知らず、去来ひとりは得意である。草取りから一転して、長き脇指があらわれた。着想の妙、仰天するばかりだ。ぶちこわしである。破天荒である。この一句があらわれたばかりに、あと、ダメになった。つづけ様が無いのである。去来ひとりは意気天をつかんばかりの勢いである。これは、師の芭蕉の罪でもある。あいまいに、思わせぶりの句を作るので、それに続ける去来も、いきおい、こんな事になってしまうのだ。芭蕉には、少し意地悪いところもあるような気がして来る。去来を、いぢめている。からかっているようにさえ見える。此筋は銀も見知らず不自由さよ。この句を渡されて、去来先生、大いにまごつき、けれども、うむと真面目にうなずき、ただどひやうしに長き脇指。その間の両者の心理、目に見えるような気がする。とにかく、この長脇指が出たので滅茶苦茶になった。凡兆(ぼんちょう)は笑いを噛み殺しながら、
   草むらに蛙こはがる夕まぐれ
 と附けた。あきらかに駄句である。猿蓑(さるみの)凡兆(ぼんちょう)の句には一つの駄句もない、すべて佳句である、と言っている人もあるが、そんな事は無い。やっぱり、駄句のほうが多い。佳句が、そんなに多かったら、芭蕉凡兆(ぼんちょう)の弟子になったであろう。芭蕉だって、名句が十あるかどうか、あやしいものだ。俳句は、楽焼や墨流しに似ているところがあって、人意のままにならぬところがあるものだ。失敗作が百あって、やっと一つの成功作が出来る。出来たら、それもいいほうで、一つも出来ぬほうが多いと思う。なにせ、十七文字なのだから。草むらに蛙こはがる夕まぐれ。下品ではないが安直すぎた。ほんのおつき合い。間に合せだ。
    蕗の芽とりに行燈(あんどん)ゆりけす
 芭蕉がそれに続けた。これも、ほんのおつき合い。長き脇指に、そっぽを向いて勝手に作っている。こうでもしなければ、作り様が無かったろう。とにかく、長き脇指には驚愕した。「行燈ゆりけす(、、、、)」という描写は流石である。長き脇指を静かに消してしまった。まず、どうにか長き脇指の仕末がついて、ほっとした途端に、去来先生、またまた第三の巨弾を放った。曰く、
   道心のおこりは花のつぼむ時
 立派なものだ。もっともな句である。しかし、ちっとも面白くない。先日、或る中年のまじめな男が、私に自作の俳句を見せて、その中に「月清し、いたづら者の鏡かな」というのがあって、それには「法の心を」という前書が附いていた。実に、どうにも名句である。私は一語の感想をも、さしはさむ事が出来なかった。立派な句には、ただ、恐れ入るばかりである。凡兆(ぼんちょう)も流石に不機嫌になった。冷酷な表情になって、
    能登の七尾の冬は住憂き
 と附けた。まったく去来を相手にせず、ぴしゃりと心の扉を閉ざしてしまった。多少怒っている。カチンと堅い句だ。石ころみたいな句である。旋律なく修辞のみ。
   魚の骨しはぶるまでの老を見て
 芭蕉がそれに続ける。いよいよ黒っぽくなった。一座の空気が陰鬱にさえなった。芭蕉も不機嫌、理屈っぽくさえなって来た。どうも気持がはずまない。あきらかに去来の「道心のおこりは」の罪である。去来も、つまらない事をしたものだ。

 

f:id:shige97:20200902073208j:image
松尾芭蕉(まつおばしょう)(?~1694)と弟子・河合曾良(かわいそら)(1649~1710) 芭蕉伊賀国俳諧師。滑稽や諧謔を主としていた俳諧を、蕉風と呼ばれる芸術性の高い句風として確立し、「俳聖」として世界的に知られる。弟子・曾良を伴い、江戸を発ち、東北、北陸を巡り、岐阜の大垣まで旅をした紀行文『おくのほそ道』が特に有名。

 

  さてそれから、二十五句ほど続いて「夏の月の巻」が終るのだが、佳句は少い。
 ちょうど約束の枚数に達したから、後の句に就いては書かないが、考えてみると私も、ずいぶん思いあがった乱暴な事を書いたものである。芭蕉凡兆(ぼんちょう)、去来、すべて俳句の名人として歴史に残っている人たちではないか。それを、夏の一夜の気まぐれに、何かと失礼に、からかったりして、その罪は軽くない。急におじけづいて、この一文に題して曰く、「天狗(てんぐ)」。
 夏の暑さに気がふれて、筆者は天狗になっているのだ。ゆるし給え。

  太宰が蕉風の代表句集猿蓑(さるみの)について熱く語るエッセイ天狗(てんぐ)を紹介しましたが、太宰と俳句については、4月15日の記事でも紹介しています。

 【了】

********************
【参考文献】
・『太宰治全集 11 随想』(筑摩書房、1999年)
日本近代文学館 編『図説 太宰治』(ちくま学芸文庫、2000年)
・山内祥史『太宰治の年譜』(大修館書店、2012年)
・田村茂 写真『素顔の文士たち』(河出書房新社、2019年)
 ※モノクロ画像は、上記参考文献より引用しました。
********************

【今日は何の日?
 "太宰カレンダー"はこちら!】

太宰治、全155作品はこちら!】