記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。

2019-03-10から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#69「兄たち」(「美しい兄たち」改題)

【冒頭】 父がなくなったときは、長兄は大学を出たばかりの二十五歳、次兄は二十三歳、三男は二十歳、私が十四歳でありました。兄たちは、みんな優しく、そうして大人びていましたので、私は、父に死なれても、少しも心細く感じませんでした。 【結句】 父に…