記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。

2019-03-28から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#87「一燈」

【冒頭】 芸術家というものは、つくずく困った種族である。鳥籠一つを、必死にかかえて、うろうろしている。その鳥籠を取りあげられたら、彼は舌を嚙んで死ぬだろう。なるべくなら、取りあげないで、ほしいのである。 【結句】 あのように純一な、こだわらず…