記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。

2019-01-19から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#19「ロマネスク」嘘の三郎(『晩年』)

【冒頭】むかし江戸深川に原宮黄村という男やもめの学者がいた。志那の宗教にくわしかった。一子があり、三郎と呼ばれた。ひとり息子なのに三郎と名づけるとは流石に学者らしくひねったものだと近所の取沙汰であった。 【結句】 嘘の三郎の嘘の火焔(かえん…