記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。

2019-04-18から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#108「千代女」

【冒頭】 女は、やっぱり、駄目なものなのね。女のうちでも、私という女ひとりが、だめなのかも知れませんけれども、つくづく私は、自分を駄目だと思います。 【結句】 きのう私は、岩見先生に、こっそり手紙を出しました。七年前の天才少女をお見捨てなく、…