記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。

2019-01-06から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#6「列車」(『晩年』)

【冒頭】一九二五年に梅鉢工場という所でこしらえられたC五一型のその機関車は、同じ工場で同じころ製作された三等客車三輛(りょう)と、食堂車、二等客車、二等寝台車、各々一輛ずつと、ほかに郵便やら荷物やらの貨車三輛と、都合九つの箱に、ざっと二百名…