記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。太宰治が、ソウルフレンド。

2019-05-04から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#124「新郎」

【冒頭】 一日一日を、たっぷりと生きて行くより他は無い。明日のことを思い煩うな。明日は明日みずから思い煩わん。きょう一日を、よろこび、努め、人には優しくして暮したい。 【結句】 ああ、このごろ私は毎日、新郎(はなむこ)の心で生きている。 「新…