記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。太宰治が、ソウルフレンド。

2019-06-03から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#154「右大臣実朝」六

【冒頭】 いったいにあの相州さまは、奇妙に人に憎まれるお方でございました。 【結句】 胤長さまのお屋敷は、さらに左衛門尉義盛さまからお取り上げに相成り、相州さまがあずかる事になって、和田さま御一族がそのお屋敷に移り住んで居られたのを、相州さま…