記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。太宰治が、ソウルフレンド。

2019-09-14から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#257「人間失格」はしがき

【冒頭】私は、その男の写真を三葉(さんよう)、見たことがある。 【結句】私はこれまで、こんな不思議な男の顔を見た事が、やはり、いちども無かった。 「人間失格(にんげんしっかく) はしがき」について ・新潮文庫『人間失格』所収。・昭和23年3月28…