記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。太宰治が、ソウルフレンド。

2019-09-21から1日間の記事一覧

【日刊 太宰治全小説】#264「グッド・バイ」変心(一)

【冒頭】 文壇(ぶんだん)の、或(あ)る老大家が亡(な)くなって、その告別式の終り頃(ごろ)から、雨が降りはじめた。早春の雨である。 【結句】 大男の文士は口をゆがめて苦笑し、「それは結構だが、いったい、お前には、女が幾人あるんだい?」 「グッド・バ…