記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を自由に旅する。太宰治がソウルフレンド。

メリイクリスマス

【日刊 太宰治全小説】#230「メリイクリスマス」

【冒頭】東京は、哀(かな)しい活気を呈(てい)していた、とさいしょの書き出しの一行に書きしるすというような事になるのではあるまいか、と思って東京に舞い戻って来たのに、私の眼には、何の事も無い相変らずの「東京生活」のごとくに映った。 【結句】「こ…