記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を自由に旅する。太宰治がソウルフレンド。

太宰治生誕111周年

【日めくり太宰治】完結のお礼

【日めくり太宰治】完結のお礼 本日7時の更新を以て、2020年 太宰治生誕111周年記念企画【日めくり太宰治】全368本(11月22日、11月25日には座談会<特別編>も更新)の投稿が終了しました。 継続することが苦手で、三日坊主で終わること…

【日めくり太宰治】12月31日

12月31日の太宰治。 1944年(昭和19年)12月31日。 太宰治 35歳。 大晦日に、さそわれて菊田義孝宅を訪れた。 菊田義孝と過ごす大晦日 1944年(昭和19年)12月31日。太宰は、大晦日に弟子・菊田義孝(きくたよしたか)に誘われ、菊…

【日めくり太宰治】12月30日

12月30日の太宰治。 1947年(昭和22年)12月30日。 太宰治 38歳。 十二月三十日に書かれた、山崎富栄の日記。 山崎富栄「女一人」 今日は、太宰の愛人・山崎富栄が、1947年(昭和22年)12月30日に書いた日記を紹介します。 太宰と…

【日めくり太宰治】12月29日

12月29日の太宰治。 1936年(昭和11年)12月29日。 太宰治 27歳。 井伏鱒二は佐藤春夫から「五十円拝借」。 熱海事件(付け馬事件)② 今日は、「熱海事件」(”付け馬事件”とも)について、前・後編の2回に分けて紹介する<後編>です。 1…

【日めくり太宰治】12月28日

12月28日の太宰治。 1936年(昭和11年)12月28日。 太宰治 27歳。 十二月下旬、檀一雄が、初代の依頼によって金を届けに訪れたが、支払いをせず、二人で遊び、金を使い果たして、借銭をした。 熱海事件(付け馬事件)① 今日は、「熱海事件」…

【日めくり太宰治】12月26日

12月26日の太宰治。 1941年(昭和16年)12月26日。 太宰治 32歳。 十二月中旬、東京駅で太田静子と落ち合い、新宿の「LILAS」という地下レストランで対談した。 「僕の生命を園子にあずける」 1941年(昭和16年)9月上旬頃に太…

【日めくり太宰治】12月25日

12月25日の太宰治。 1921年(昭和21年)12月25日。 太宰治 37歳。 一九四七年(昭和二十二年)一月一日付発行の「中央公論」新年号に「メリイクリスマス」を発表。 『ぼくのクリスマスプレゼント』 太宰は、1947年(昭和22年)1月1…

【日めくり太宰治】12月24日

12月24日の太宰治。 1946年(昭和21年)12月24日。 太宰治 37歳。 十二月二十四日付で、前田出版の真尾倍弘(ましおますひろ)に手紙を書く。 太宰の年越し準備 太宰は、1946年(昭和21年)12月24日付で、前田出版の真尾倍弘(ましお…

【日めくり太宰治】12月23日

12月23日の太宰治。 1943年(昭和18年)12月23日。 太宰治 34歳。 埼玉県日高の高麗神社(こまじんじゃ)での阿佐ヶ谷会錬成忘年会に、外村繁、青柳瑞穂、平野零児、上林暁、小田嶽夫、安成二郎らと参加。 阿佐ヶ谷会錬成忘年会 1943年(…

【日めくり太宰治】12月22日

12月22日の太宰治。 1947年(昭和22年)12月22日。 太宰治 38歳。 十二月六日から二十二日に書かれた、山崎富栄の日記。 富栄「お人好しの仙女では…」 今日は、太宰の愛人・山崎富栄が、1947年(昭和22年)12月6日から12月22日…

【日めくり太宰治】12月21日

12月21日の太宰治。 1944年(昭和19年)12月21日。 太宰治 35歳。 十二月二十日夜、魯迅が仙台医学専門学校に在籍した当時のことを調査するために、仙台に向かって、十二月二十一日朝、仙台に着いて青木ホテル(?)に滞在。河北新報社編輯…

【日めくり太宰治】12月20日

12月20日の太宰治。 1926年(大正15年)12月20日。 太宰治 17歳。 十二月二十日付で「蜃気楼」十一月十二月合併号を発行。「怪談」を津島修治の署名で発表した。 『怪談』 今日は、太宰が県立青森中学校4年生の時に、「蜃気楼」十一月十二…

【日めくり太宰治】12月19日

12月19日の太宰治。 1935年(昭和10年)12月19日。 太宰治 26歳。 次姉トシの長男逸郎(二十三歳、東京医学専門学校在籍)とともに、懐中五十円、「()碧眼托鉢(へきがんたくはつ)」の旅に出て、湯河原温泉の翠明館、箱根等に遊び、風邪気味…

【日めくり太宰治】12月18日

12月18日の太宰治。 1934年(昭和9年)12月18日。 太宰治 25歳。 文藝同人誌「青い花」が発行された。創刊号が出来たのは、十二月十八日頃であったと推定される。 文藝同人誌「青い花」創刊 1934年(昭和9年)12月1日付で、太宰をは…

【日めくり太宰治】12月17日

12月17日の太宰治。 1922年(大正11年)12月17日。 太宰治 13歳。 十二月十二日、父源右衛門(げんえもん )が、貴族院議員となることが決定した。 源右衛門、貴族院議員に 1922年(大正11年)。太宰が13歳で金木第一尋常小学校を卒業…

【日めくり太宰治】12月16日

12月16日の太宰治。 1946年(昭和21年)12月16日。 太宰治 37歳。 十一月二十四日、十二月九日、十二月十六日付で、堤重久(つつみしげひさ)に葉書を送る。 太宰「校正お世話になります」 今日は、1946年(昭和21年)11月24日、1…

【日めくり太宰治】12月15日

12月15日の太宰治。 1928年(昭和3年)12月15日。 太宰治 19歳。 十二月十五日付で、弘前高等学校「校友会雑誌」第十三号が発行され、「此(こ)の夫婦(ふうふ)」を津島修治の署名で発表した。 『此(こ)の夫婦(ふうふ)』 今日は、太宰が弘前高…

【日めくり太宰治】12月14日

12月14日の太宰治。 1946年(昭和21年)12月14日。 太宰治 37歳。 夜、亀井勝一郎とともに招かれて、練馬区豊玉にあった高原紀一の下宿二階八畳間で、府立第五中学校出身者中心の二十歳前後の文学青年グループと逢った。 「太宰さんの文学は…

【日めくり太宰治】12月13日

12月13日の太宰治。 1940年(昭和15年)12月13日。 太宰治 31歳。 十二月二日、十二月十二日、十二月十八日付で、山岸外史に葉書を送る。 太宰、山岸に「君は一番強いよ。」 今日は、1940年(昭和15年)12月2日、12日、18日付…

【日めくり太宰治】12月12日

12月12日の太宰治。 1935(昭和10年)12月12日。 太宰治 26歳。 「碧眼托鉢(へきがんたくはつ)(一)」を十二月十一、十二日頃、「碧眼托鉢(へきがんたくはつ)(ニ)」を一月五日、六日頃、「碧眼托鉢(へきがんたくはつ)(三)」を二月九日…

【日めくり太宰治】12月11日

12月11日の太宰治。 1937年(昭和12年)12月11日。 太宰治 28歳。 十二月十日付発行の「日本学藝新聞」に「こわ(ママ)い顔して/創作余談」(後「創作余談」と改題)を発表した。 『創作余談』 今日は、太宰のエッセイ『創作余談』を紹介しま…

【日めくり太宰治】12月10日

12月10日の太宰治。 1929年(昭和4年)12月10日。 太宰治 20歳。 深夜、多量のカルモチンを下宿で嚥下(えんげ)して昏睡状態に陥った。 カルモチン服用による自殺未遂 1929年(昭和4年)12月10日の深夜、弘前高等学校3年生の太宰は…

【日めくり太宰治】12月9日

12月9日の太宰治。 1938年(昭和13年)12月9日。 太宰治 29歳。 十二月九日付発行の「国民新聞」に「九月十月十一月(上)/御坂で苦慮のこと」を、十二月十日付発行の同紙に「九月十月十一月(中)/御坂退却のこと」を、十二月十一日付発行…

【日めくり太宰治】12月8日

12月8日の太宰治。 1941年(昭和16年)12月8日。 太宰治 32歳。 午前三時十九分、日本の機動部隊がハワイ真珠湾を奇襲し、同日十一時四十五分、アメリカ、イギリスに対し、宣戦の詔書が発せられた。 「太平洋戦争が始まった」 1941年(昭…

【日めくり太宰治】12月7日

12月7日の太宰治。 1930年(昭和5年)12月7日。 太宰治 21歳。 十二月上旬の恢復(かいふく)後、自殺幇助(ほうじょ)罪容疑で警察の引致取調べを受けた。 太宰、自殺幇助(ほうじょ)罪に問われる 1930年(昭和5年)11月28日夜半、太宰と…

【日めくり太宰治】12月6日

12月6日の太宰治。 1944年(昭和19年)12月6日。 太宰治 35歳。 十二月六日付、十二月十三日付、十二月二十七日で、小山清(こやまきよし)に葉書を送る。 太宰、小山清(こやまきよし)への近況報告 今日は、1944年(昭和19年)12月6日…

【日めくり太宰治】12月5日

12月5日の太宰治。 1947年(昭和22年)12月5日。 太宰治 38歳。 十二月一日から五日に書かれた、山崎富栄の日記。 富栄「修ちゃんを、守りたい」 今日は、太宰の愛人・山崎富栄が、1947年(昭和22年)12月1日から12月5日までに書…

【日めくり太宰治】12月4日

12月4日の太宰治。 1935年(昭和10年)12月4日。 太宰治 26歳。 十二月四日付で、小舘善四郎と津村信夫に手紙を送る。 小舘善四郎と津村信夫への手紙 今日は、1935年(昭和10年)12月4日付で、太宰が、小舘善四郎と津村信夫に宛てて…

【日めくり太宰治】12月3日

12月3日の太宰治。 1942年(昭和17年)12月3日。 太宰治 33歳。 井伏鱒二が徴用解除で帰国した。 井伏の徴用解除と母・夕子(たね)の逝去 1942年(昭和17年)11月20日から11月30日までの間、太宰は、妻・津島美知子の実家である…

【日めくり太宰治】12月2日

12月2日の太宰治。 1930年(昭和5年)12月2日。 太宰治 21歳。 田部(たなべ)あつみの葬儀が行われた。 田部(たなべ)あつみの葬儀と中畑の後始末 1930年(昭和5年)11月28日、東京帝国大学1年生の太宰と、銀座のカフェー「ホリウッド…