記憶の宮殿

僕は、記憶の宮殿を、自由に旅する。太宰治が、ソウルフレンド。

山崎富栄

【日めくり太宰治】3月28日

3月28日の太宰治。 1948年(昭和23年)3月28日。 太宰治 38歳。 「展望」連載第一回分の「人間失格」百三枚、「第二の手記」までを脱稿し、三月三十一日、帰京。 太宰の近況 ー富栄の日記から 3月8日、9日の記事でも紹介しましたが、太宰は…

【日めくり太宰治】3月27日

3月27日の太宰治。 1947年(昭和22年)3月27日。 太宰治 37歳。 三鷹駅前の屋台で、今野貞子に紹介されて初めて山崎富栄と識り合った。 太宰と富栄の出逢い 今日は、太宰と最期を共にした、山崎富栄との出逢いを紹介します。 富栄は、太宰との…

【日めくり太宰治】3月9日

3月9日の太宰治。 1948年(昭和23年)3月9日。 太宰治 38歳。 太宰の発言が発端となり、山崎富栄と夜通し、語り明かす。 太宰が富栄に告げた言葉 昨日の記事でも取り上げましたが、1948年(昭和23年)のこの頃、太宰は『人間失格』執筆の…

【日めくり太宰治】3月8日

3月8日の太宰治。 1948年(昭和23年)3月8日。 太宰治 38歳。 前日3月7日から、眺望のいい起雲閣別館に滞在。3月8日から、外部との交渉を断って、「人間失格」の執筆に専念した。「山のテッペンでカンヅメには好適」の場所であった。 起雲閣…

【考察】太宰治は、本当に首を絞められたのか?

"太宰治は、本当に首を絞められたのか?" 今回は、ちょっとセンセーショナルなタイトルですが、最後まで読んで頂ければ、タイトルに込めた想いも理解して頂けるのではないかと思っています。 太宰治は今年2019年6月19日に、生誕110周年を迎えます。 太宰を"…